スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.07.10 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ロールころころ、ラップころころ

    0
      ロールころころ

      初夏のころ、そしてこの時期、郊外の穏やかな道を車で走るとこのようなものをよく目にします。
      転がっているものの円の直径は大人の背丈くらいでしょうか。
      円錐形に立てても同じくらいの高さがあります。

      かなり昔、東京にいたころ、仕事で北海道道東を仕事仲間とまわっていました。
      その時の東京の仕事仲間が「ころころだ〜」とはしゃいでいたことを思い出します。
      私にはごく当たり前のこの物体も、東京の方にはとても珍しいものに見えているんだなあ、と感じました。

      これは何でしょう?
      これは牧草を干して丸めたものなのです。

      冬の間、牛や馬などに与える干し草を丸めてころころにしました。

      この牧草は初夏のころ一度成長します。
      その時に刈り取って干してころころにします。
      そして今頃の時期にもう一度刈り取れるほどに成長するので、年に2度、ころころを見かけます。

      牧草を刈り取るときをいつにするのか、これがまた問題で、農家さんは天気予報を確認しながら刈り取ります。
      刈り取った後干すために、晴天が続く日を選ぶのです。
      雨が降ると干せないし、牧草があまり伸びすぎると硬くなり牛や馬が食べたがらなくなるので、刈り取り時期は夜を徹して作業をすることもあるようです。

      干し草といえば……
      誰もがおそらく一度は憧れたことでしょう……

      そう、ハイジの干し草のベッド!

      最近、勉強したり踊ったり(北海道ローカルだべか?)忙しそうなハイジですが、よくあのベッドで寝られるなあ、と今の私は思います。
      なぜならば、干し草は結構ちくちくするからです!
      ハイジは干し草対応のシーツを使っているのか、それとも私が知っている干し草とは違う干し草なのか。
      でも、においは好きです……
      干した布団と同じようなにおいです……

      ラップころころ

      こちらはころころをラップでくるんだものです。
      干し草なので雨に濡らすわけにはいかず(カビが生えます)、屋内に保管できない場合、この写真のようにラップでくるんで濡れないようにします。

      大きなころころをラップでくるむ様子は、巨大な蜘蛛が捕らえた獲物を糸でぐるぐる巻きにしているかのようです……

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.07.10 Friday
        • -
        • 16:48
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM